豆腐

まだ夏じゃない

男の子と女の子がぶつかって心が入れ替わっておれがお前でお前がおれで女になった男が股間をチェックしてない! とか風呂やらトイレに行こうとしたら男になった女が見ないでよ! グワーッ! みたいなのはある種のテンプレと化しておって、こういうネタを使ったトランスジェンダーものとでもいうのか知らんがそういう同人誌なんかもあって、男だった女がなにこれぇ……とかあるいは逆に女になった男がヤバイなにこれぇ……とかとにかくヤベェ〜〜となるのだが、それはどうでもよくて、心が入れ替わるというのはどうにも納得がいかんというか、ちょっとぶつかった程度でいちいち心が入れ替わっていたら、朝の通勤時なんかにえらいことになるわけで、自分の心を取りもどすために、ぼくは武器商人と旅をした(ヨルムンガンド面白かったですね)、みたいな話もちょっとおもしろそうだなあ、ってまた話がそれた、だから心が入れ替わるというのはどうにも現実的ではなく、それなら心ではなくその肉体が入れ替わっても結果的に同じことになるわけで、それなら男と女が出会い頭に激しく衝突すると同時に全身の皮がバリバリと裂け骨が砕け、筋肉や臓物がグチャアアアッドボボボボッと飛散し、心というものを司るのは結局のところ脳であり、脳だけがスポーンヌチャアアッべショッとそのままの形で飛び出して砕けた頭蓋内にスポンと元通りに収まり、その後脳を除いた肉体がグジュルルルルル……ヌチョブチャアアアと相手の血肉で再構成され、おれ/あたし、どうなっちゃったのヤベェ〜〜!? というのが現実に則した入れ替わりだと思うのだが、ビジュアル的にとても見るに耐えないし、免疫系が拒絶反応を起こして間違いなくふたりとも死ぬので、もしそういうイントロダクションの物語があったら一部の特殊嗜好の持ち主を除いて絶対人気でない悲惨な話になるのでこの話はなかったことにしてもらいたい。いいね?

広告を非表示にする