豆腐

まだ夏じゃない

2014/05/18 23:56

先日旧電電公社から架電があり「あんたセキュリティサービス申し込んでるけどまだ専用ソフトインスコしてねぇからさっさとインスコしろや」というお知らせを頂いたのだけれど、こっちはそんなもん頼んだ覚えは全くないわけでどういうことや? と思ったら、どうやら先日の引っ越し手続きのタイミングで何がどうなったか知らんがそういうセキュリティサービス申し込みしたことになっておったらしく、大変お優しい電電公社様がわたくしのような下賤のものにじきじきにお電話をくださったようで非常にありがたく、こちらとしても電電公社様のお言葉に応えたくはあったが、せっかくの休みに電話してくんじゃねーよボケと思ったのも事実で、いやいいですそういうの、アンチウィルスソフトは使ってるし、とやんわりお断りしようとしたら「ほう、ではどのようなソフトを使っておるのだ?」と尋ねられ、それ聞いてどうすんの? と疑問符を頭上に浮かべつつ口をついて出たのは、わたくしそういうネットワーク保守を生業にしておりまして、その点は大丈夫ですから、という真っ赤なウソであり、34歳にもなって素直になれないというか変な見栄をはってしまって、これなにか突っ込まれたら一発でバレる、そしたら赤っ恥の上塗りではないか、と内心ヒヤリとしたのだが、電電公社様は「ほう、経験が生きたな……それではセキュリティサービスは仮申込みとしておくから正式に申し込むまで料金は徴収しないでおいてやろう」とお優しいお言葉をくださり、恐悦至極、心から平伏した次第であるが、だからそんなもの頼んだ覚えはまったくねぇんだよ、ていうかこっちの使用状況把握してるってことはその専用ソフトやらはインストールしたら電電公社様になんらかの情報を送信するってことかよ、気持ちわりいなあ、なんて思いつつも、もったいなきお言葉ありがとうございました電電公社様、と電話を切ったが、なんでおれは素直に情弱らしくアンチウィルスソフトはavast使ってるし無線LANはWEPかつMACアドレス制限なしの事実上ノーガード戦法ですが何の問題ですか? と言えなかったのかと考えると、年を取っていろんなことに対して柔軟に対応というか、とにかく楽なやつなら何でもいいよもう、というある種の諦めの境地に至ったつもりがその実、やはり馬鹿にされたくない、ええカッコしたいという変なプライドみたいなのがしぶとくこころに根をはっているということなのだろう、という事故分析結果に至り、人格形成期をとうに過ぎた自分は、たぶん死ぬまでこういうつまらない意地をはって生きて死んでいくのだろうなあ、とぼんやり思い、まあしょうがねぇか、そういうふうになっちまったもんな、と断酒の禁を破り、ちびちび焼酎の緑茶割りなどを飲んでいる。そうだ、断酒は平日のみで、休日ノーカンにしよう。そうしよう。

広告を非表示にする