読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豆腐

まだ夏じゃない

2014/06/11 23:22 (鉄格子クラスタ向け)

※身内ネタだが身内(さらにそのうちの数人)しか見てないブログなので特にもんだいはない

 

魔法少女まどか☆マギカのOP曲であり、北海道在住の女子高生二人組(ということになっている)のクラリとラリス……違うな、クラとリス……とにかく二人組でそのうちのどっちかが今度抜けることでおなじみClariSのコネクト、いい歌ですよね。物語があるところまで進んだそのときに、なるほどこれはそういう歌だったのか! ピコーン! となる素晴らしい曲であって、バンドでもコピーするくらいには好きな曲である(コピーしてライブでやったときのリアクションについてはお察しください)。

ところで話は変わるが、twitterとかいうSNSとかいうサービスの指定アカウントを登録できるリストとかいう機能とかいうのがあるが、そんな無数に存在するリストの中に鉄格子と名付けられたリストがあり、看守の気分ひとつでホイホイ収監され、周囲からは鉄格子クラスタと呼ばれるようになってしまうという恐ろしい代物である。

で、今日も社畜として一日生き延び、這々の体で帰路につき、そのときiPhoneから流れてきたのが先述のコネクトなのだが、おじさんピンときたね。これは鉄格子クラスタの歌だってね。またおっさんが妄言を……とお思いだろうが、改めて歌詞を一緒に解読していこう。

 

交わした約束 忘れないよ 目を閉じ 確かめる
押し寄せた闇 振り払って進むよ

これは鉄格子の中に放り込まれた直後、絶望に打ちひしがれながらも、必ずこの鉄格子を出てみせるという決意を表している。

 

いつになったら なくした未来を
私ここでまた 見ることできるの?
溢れ出した 不安の影を
何度でも裂いてこの世界 歩んでこう

なくした未来とはシャバでの生活を表しており、いつとも知れぬ仮釈放の時期に思いを馳せ悲観的になりそうなところをこらえている様子が分かる。

 

とめどなく刻まれた 時は今 始まり告げ
変わらない 想いを乗せ 閉ざされた扉 開けよう

閉ざされた扉は鉄格子を表している。 鉄格子の中での生活がはじまるも、シャバの空気が忘れられず、ついに脱獄しようと決意したことが伺える。

 

目覚めた心は 走り出した 未来を描くため
難しい道で 立ち止まっても空は
綺麗な青さで いつも待っててくれる だから怖くない
もう何があっても 挫けない

未来はもちろんシャバを指している。わずかな自由時間に運動場から見上げた空は抜けるように青い。脱獄は確かに困難であろう。しかし失敗しても構うものか、私は自由を取り戻す。何度でも脱獄してやる。そんな強い意志が汲み取れるのが分かるだろう。

 


振り返れば 仲間がいて
気がつけば優しく包まれてた
何もかもが 歪んだ世界で
唯一信じれるここが救いだった
喜びも悲しみも 分け合えば強まる想い
この声が届くのなら きっと奇跡は起こせるだろ

厳しい鉄格子内の生活ではあるが、艱難辛苦を共にした同じ鉄格子の仲間たちがいる。ともに脱獄を試みる彼らがいてくれることが彼の背中をおしている。脱獄という奇跡も、彼らがいればきっと起こる。そうとしか読み取れない。

 

交わした約束 忘れないよ 目を閉じ 確かめる
押し寄せた闇 振り払って進むよ
どんなに大きな壁があっても 越えてみせるからきっと
明日信じて祈って

押し寄せた闇とは脱獄が失敗するかもしれないという不安感、あるいは看守という凶悪な存在の暗喩である。しかしそんな壁(鉄格子を囲む物理的な塀のことも示している)を文字通り乗り越え、自由を掴み取ろうと改めて決心する様子がよくわかる部分である。

 


壊れた世界で彷徨って私は
引き寄せられるように辿り着いた

鉄格子の中をくまなくチェックし、ついに僅かな突破口を見つけたのであろう。ついにそのときが来たのだ。

 

目覚めた心は 走り出した 未来を描くため
難しい道で 立ち止まっても空は
綺麗な青さで いつも待っててくれる だから怖くない
もう何があっても 挫けない

 

ずっと明日待って

未来とは言うまでもなくシャバを指している。看守の目を盗み、ついに脱獄を決行する様子がはっきりとわかる。たとえ失敗しても構わない。成功するまで何度でも繰り返そう。そんな思いで、いつか塀の中から見上げた空をシャバで見るために暗闇を全力疾走する鉄格子クラスタの姿が、ありありと瞼の裏に浮かぶ。鉄格子の外という明日を目指して、彼らはただ走るのだ。

 

このように丁寧に紐解いていくと、やはりコネクトは鉄格子クラスタのことを歌っている曲であるという結論にならざるを得ない。彼らのような危険因子も人の子であり、自由を望むその心は、誰にも止めることができない。コネクトはそんな彼らの拠り所である神聖なテーマであるのだ。

 

f:id:windup:20140611232049p:plain

コネクト、いい曲ですよね、ほんとうに。

 

広告を非表示にする