豆腐

まだ夏じゃない

うまいと思うもん食って悪いわけあるかボケ

驚くべきことに今回はほんとうに普通の日記だ。

 

〜前回までのあらすじ〜

ひょんなことから福島物産展が行われる事を知った石垣は、曙酒造の日本酒を手に入れるべく会場である東急札幌に向かったが、現地で開催日は明日と知り、明日こそはと固く誓ったのであった。

 

 というわけで本当は俺が日本酒のトラウマを克服するきっかけとなった曙酒造の日本酒、できれば天明シリーズがあれば買って帰ろうと思ったのだが残念ながら曙酒造の日本酒はなく、しかし試飲させてもらったやつがよい塩梅であったので一升購入し、さてぐるっと見て帰ろうかなと思ったら色々と気になるものがあって、またあれよ、試食したらどれもうまいし、店のおばちゃんとかグイグイくるもんだから、よし今晩は福島づくしにしてやれ、と色々買い込んで帰宅した。

<今日の戦利品たち on Twitpic

 順不同でかまぼこ、炊き込みご飯の素、醤油麹、アブラボウズの味噌漬け、超しょっぱい鮭(おまけでカマくれた)、桃の甘酢漬け。

 

Share photos on twitter with Twitpic

鮭とアブラボウズ(銀だら)と炊き込みご飯の素は後日にまわして、かまぼこと桃と日本酒。当然だがうまい。かまぼこは市販のものとは比べ物にならんし(どれもうまかったが、さんまのぽーぽー焼き風というのが特に味わい深かった。店のおじさんによると、ぽーぽー焼きはいわゆるなめろうを焼いたようなものらしい。さんまを使っているけれど臭みはない。桃の甘酢漬けは当初買うつもりはなかったけれどおばちゃんの押しをいなすことができず買ってしまったが、甘酸っぱさと桃の風味と爽やかさがいい口直しになった。日本酒の弥右衛門はけっこう辛口でキリッとした味わい。燗でもいけるらしいが僕は冷でホイホイ飲んで今わりと横になりたいです。

あと、せっかくなので醤油麹も試してみた。試食したときに店のおじさんに醤油と同じように使えると聞いていたが、この味なら、とそのまま白飯に乗せてみたら、うん、これは大正解、と井之頭五郎さんの真似をするくらい飯にあう。色々と応用が効きそうだし今後が楽しみ。

レトルト飯をひとパック食い終わって、そういえばおまけで鮭のカマもらったんだよなあ……いやしかしもう飯は食ったし……と迷ったが、そうだ俺はデブだったということを思い出したので再びレトルト飯を温め、カマをじっくり焼いて食ったら、子供の頃あまりのしょっぱさにお湯につけて塩抜きしながら食ったアレ、口にした瞬間体に震えが走るような強烈な塩気と、その奥からにじみ出るうまみ。ジャリッという寿命が削れていくのを実感できるその音と食感にエウレカ! と叫びたくなる思いでデブの本領発揮、ハムッハフハフッと白飯をかきこんで心からデブでよかったーとデブの神に感謝した石垣であった。そういえば店のお兄さん、以前も出店したとき北海道に鮭ってどうなのよと思ってたら、俺のようにこの塩辛さを求めていた人が多かったそうで、そうなんですよ最近は北海道のくせに軟弱な鮭しかないんすよ! と深く頷いた次第。

 

物産展は9/2までの開催のようで、しかも明日はまた別の日本酒が並ぶらしい。ちょっと福島〜あたしまた酔っ払っちゃうじゃな〜い。

 

漬物オンラインショップ 福島漬物通販 漬物柚子巻き大根、桃の漬物、高田梅通販のみずほフーズ

 

いわき・かまぼこの貴千(きせん)| 通販 蒲鉾ギフトセット 贈答用のお取り寄せ | 揚げかまぼこ 珍味かまぼこ いわき土産

 

福島県【こだわり頑固おやじの店【鮮魚の阿部】】 - 名産・特産品・ご当地グルメのお取り寄せ・贈答は47CLUB

 

 

 

広告を非表示にする