豆腐

まだ夏じゃない

20:24

また煙草の話ですので全ての喫煙者を生まれる前に消し去りたい各位は読まなくても大丈夫です。

水たばこのフレーバー自作について、以前こんなことを言っていたが、あのときはなんとなく上手くいった気がしていただけで結局これじゃねえなという結論に至り、それからというものの試行錯誤をひたすら繰り返してはいるが煙は出るけど味がしないという芳しくない状態で、「shisha diy」「home made shisha」等でググると海外のシーシャ愛好家が「こうやればうまくいくぜ!」とビデオ付きでレシピを公開していて(どうでもいいがこのビデオ延々とウ〜ンメッチャいい匂いだぜ〜とかメッチャこれウマイぜ〜とかxvideosみたいなねっとりした感じでしゃべり続けてて気が散る)それじゃあやってみっかと手巻きタバコ用のアメリカンスピリットを買ってきて水やお湯でしっかりニコチンとタールを抜きグリセリンと蜂蜜を混ぜ込んでアルミホイルで包んで小一時間ローストしマンゴーシロップを混ぜ込んで何日か寝かせて試してみたらやはり味のしない煙が出るばかりで、第三次大戦のときはお前らただじゃおかんぞと心の底に澱が溜まるばかりで以前として暗闇を手探りで進んでいるのか戻っているのか分からんが、ともかく蜂蜜か果糖とグリセリンはどのレシピでも使用されているからあとはこれらと何らかのシロップを染み込ませた煙草っぽいものを炭で炙ればよいはずという仮説のもと、番茶の出がらしを使ったニコチンフリーフレーバーの作成に挑戦するもまあ予想どおり煙が出るばかりで甘みや香りはサッパリといった有り様で、これまでにかかった費用を考えると通販なり個人輸入なりで素直にフレーバー買ったほうが楽だし間違いなかったなあ、という事実をそっと土に埋めて今日もまた味のしない煙が出てくる番茶の出がらしのはちみつ漬けを生成している次第ですが、なんでも本場というかちゃんとしたところのフレーバーではとうもろこしの葉っぱを使っていたりするようで、それなら日本でもわりと手に入りやすいなあ、でもとうもろこしなんてそんなにというかほとんど買わないしなあ、と思ったら近所のスーパーのとうもろこし陳列棚のところに皮捨てる箱を発見して店員さんに「アッスイヤセッコレモラッテモダイジョッスカ」と確認したら当然すごい怪訝な顔をされながらもOKを頂いたので「アッイヤッヒリョウニツカイタクテッ」と実際とうもろこしの皮が肥料になるなんて話など聞いたこともないがそういう嘘をついてまで手に入れたとうもろこしの皮、ひとまずしっかり乾燥させてみようかなと思っていますが、みなさんは元気ですか? ちゃんとごはんは食べていますか?

広告を非表示にする