読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豆腐

まだ夏じゃない

名シーンに木村洋二さんを無理矢理介入させたかったんだ

木村さん

※思いつきだけでやった。道産子にだけ伝われば満足です

「いろんなの世界の運命をこうギュッとしてね、なんていうの? 因果の特異点っていうの? まあ、あーたなら、もうどんなどエラい望みも叶えられると思うわけよ、あたしなんかは」
「本当だね?」
「だからそう言ってるじゃないのよ〜。で、魂を対価にして鹿目さんはどうしたいのよ。アメリカンドッグ食べ放題?」
「私……全ての魔女を、生まれる前に消し去りたい。全ての宇宙、過去と未来の全ての魔女を、この手で!」
「あっら〜! そうきた……? もしそれかなったらもう時間干渉なんて言ってらんないわよあーた、もう……因果律? っていうんだっけ? そうそう、もうそれ自体なしってことじゃないのよ〜……アメリカンドッグのほうがいいと思うよ〜あたしなんかはね〜? あ〜、そうかそうか、あーたひょっとして神様にでもなるつもり? いやぁ〜〜」
「神様でも何でもいい……今日まで魔女と戦って来たみんなを、希望を信じた魔法少女を、私は泣かせたくない。最後まで笑顔でいて欲しい。それを邪魔するルールなんて、壊してみせる。変えてみせる。 これが私の祈り。私の願い。さあ、叶えてよ!! インキュベーター!!」
「あらぁ〜そう……? なるほどねぇ〜〜……本当に? あっらぁ〜〜……」

広告を非表示にする