豆腐

まだ夏じゃない

22:43

水族館の展示コーナーによくあるものとしてランプがついてるデンキウナギさんの水槽があって、デンキウナギさんがやんのかコラ……と発電するとそのレベルに応じてランプがピカーッとなるというアレ、冷静に考えるとどこに面白い要素があるのかようわからんが他の水生生物に比べるとランプのおかげで感情とまではいかんがデンキウナギさんのスッゾオラーッチェッコラーという気持ちがなんとなくわかって個人的には好きなアトラクションだけれど、仮に自分の頭に電極つけられて個室に閉じ込められ脳波をサンプリングされて部長や課長を目にするたびに波形が大きく乱れるのをどっかの知らんガキどもにギャーギャー笑われると思うとそれだけで発狂しそうで、今度もし水族館に行ってデンキウナギさんにあったら多少は優しくしようと思い、そういえばデンキウナギさんって普段何して過ごしてるのかしらと適当にググってみたら、デンキウナギさんって蓄電してるわけじゃなくて筋肉が変化した発電細胞が活動するとビリビリする、要するに人間でイメージするとすごく頑張って体の筋肉をギュッと緊張させたら発電するようで、そうしてようやく発電してもめっちゃ疲れるからわざと発電させて疲れたところを捕まえる漁法もあるとのことで、もっというとそういうしんどい思いしないと身を守れないから年寄りとかみたいに弱ってるデンキウナギさんはデンキ出せないというなんか悲しい話も知ってしまって、さらに身の危険を感じて発電してるときデンキウナギさんは自分もわりと感電してるそうで、肉を切らせて骨を断つというか、お前の護身ガバガバじゃねーか、セルフ電気椅子してる暇あるなら頑張って逃げろよと思うのだが彼らは彼らで納得の上そういう生き方を選んだのだろうし、俺が口を出しても信念を曲げることはないと思われるので、この先あまり機会はないだろうけれどデンキウナギさんに会ったときはミスドのカフェオレくらいはおごってやってもいいし、部長と課長の背中にデンキウナギさんをブチ込んで殺す時は回転寿司くらいは好きなだけ食わせてやりたいなと思う。

広告を非表示にする