読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豆腐

まだ夏じゃない

21:55

いい歳したおっさんおばはんが「若いころは俺も荒れててよお……」などと武勇伝(と、本人は思っているクッソどうでもいい自慢話みたいななにか)を語って今じゃこんなに丸くなっちまってよおガハハハと笑ってこちらサイドもやむなくマジっすか、スゴイっすねハハハ……と愛想笑いを浮かべるようになってしまって嫌な渡世術がしみついてしまったものだが、しかし彼らのようにはなりたくないしこれで良いのだろうと自分に言い聞かせてあおる酒のなんと味気ないことよ、という局面はたぶん大人であればみんな少なからず体験したことがあるだろうが、それでもそうやって丸くなったと自嘲(なのだと思う)で笑い飛ばそうとしてくれるのはまだマシなほうで、問題はいい歳こいてるのに未だに若いころと同じように安酒かっ食らって暴れるようなろくでなしで、そういうふうに荒れてる自分に酔って俺ってクールだろと言わんばかりのおっさんおばはんほど見苦しい動物はさっさと国で殺処分してくれないかなと思っているが、いい歳こいて荒れてるといえばこの北海道とかいうバカは、詳しいことは知らんがたぶん数万年とかそういうオーダーで存在し続けているのに、未だになにかにつけて荒れようとして明日や週末や来週は大荒れだぜ、お前らビビってんのかとおだっておだって(おだつは調子に乗るとかそういう意味合いの北海道語です)見苦しいことこの上なく、実際今日も荒れてるもんだからちょっと買い物に出たそのタイミングに合わせて吹雪きやがって強風と雪で息できないし前も見えないしでチンポじゃない真保裕一ホワイトアウトみたいな状況に陥ってあわてて屋内に避難して九死に一生を得たが、ホントこいつマジどうにかなんねえかな、ロシア先輩とかにしっかりシメてもらえねえか頼んでみようかなと思いながら凍傷で使い物にならなくなった耳たぶを引きちぎって捨てた。

広告を非表示にする