読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豆腐

まだ夏じゃない

母からの救援物資シリーズたぶんその2

母が長らく使用していたガラケーがぶっ壊れかけたころ、ちょうど俺がauに、というかiPhone6sに変えたのでついでにガラケーを契約し渡したところ、操作が違うから慣れないと愚痴りつつも家族間通話が無料になるのをいいことに2時間とか話をするようになって、これが帰省したときなど母の顔が見える状態だと前に聞かされたことを何度も繰り返し言われて僕ちゃんもううんざり、はよ帰省から帰省したい気持ちでいっぱいになるのだが、電話だとそういうことも柔らかく受け止めて話せるので我ながら不思議だなあと思うわけですが、さすがに親相手に3時間も世間話すると疲れるし、また(母のうちの)冷凍庫がいっぱいになってるからホッケとか送るわという流れになるので、今度からはなるべく手短に、長くても1時間くらいの通話にとどめたいなあと反省していたら悪い意味でチョイスのセンスに定評のある母宅急便が届いたので、中身の紹介をもって本日の更新に代えさせて頂きたく思います。

事の発端であるホッケの干物。ご立派サイズだしホッケは好きなのでありがたい。

実家の畑でとれたブルーベリー。見た目はきちんとしておるが食うと甘さ超控えめ。まあブルーベリーは好きなので問題はない。

上から煮豆、漬物、シソ入り辛味噌。毎回送ってくるけど毎回残してそのうち捨てる三銃士。いや別にまずいわけじゃないし手作りの味はありがたいといっても同じもん延々と食えば飽きるわけよ。飽きるんだよ……

中国産うなぎ。うなぎは好きだよ。とても好きさ。中国産だろうが国産だろうがね。でも昨日で賞味期限切れだわこれ。自分ちの冷蔵庫整理したいだけじゃねえのか?

カフェインレスコーヒー。在庫整理シリーズ。ていうかあの人コーヒー飲まないくせに何買ってんだ。そして若干の隙間を埋めるためだけにコーヒーを入れるな。パッケージがホッケ臭い。

デカい冷凍ホタテ貝柱。胃薬の瓶はサイズ比較用だが他に比べやすいものはいくらでもあったのではないだろうかと今になって思う。あと何回も言ってきた気がするが別に俺はホタテそんなに好きじゃない。

母謹製ホタテの稚貝の佃煮。ホタテそんなに好きじゃないけど稚貝はちょっと好き。佃煮系はどうしても飽きるけど、これはご飯と一緒に炊いて食えるので問題ない。手書きの製造年月日が半年近く前だが問題ない。

豚タン。いや美味しいかもしれんけどさ、実は札幌でも、というかたぶんどこでも買えるんだわ母ちゃん。あとこれも期限切れだわ。完全に体のいい冷蔵庫整理だわ。

共栄の味付ジンギスカン。札幌でも買えるんだわ。どこでも買えるんだわ。買えるんだわ。

レトルトカレー。買えるんだわ。
(※ずいぶん昔のお話ですが、帰省するたびに別に好きでもないホタテとかカニとかカキ食わされるのはもううんざりだ、今後は高価な魚介など出されても一切食わんし肉でも捨てる絶対食わない、俺はカレーとか菜っ葉の似たやつとかそういうごくごく当たり前の飯が食いてえんだと激怒したことがありまして、しかし母フィルタはカレーが食いてえというセンテンスのみを抽出したらしく、帰省とは無関係に大量の手作りカレーを送りつけてきた前科があり、違うそういうことじゃない、あくまで帰省したときの話なのだと思ったものですが、今回はカレーという部分だけが頭の奥底からにじみ出てきたらしく、レトルトカレーを同梱するに至ったと推測されますが、だからカレー云々は帰省したときの話なんだよ母ちゃん)

広告を非表示にする